FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『病になっても病気になるな!』

こんにちは、間宮隆彦です。
ゴールデンウイーク中の平日にK大学病院心臓外科に検査に行きました。
10年前の心臓弁の手術以来ここに定期的に通院しています。
相変わらず大混雑でしたが、病院のスタッフの応対は年々改善されて丁寧で親切です。
待ち時間が長い病院にはスタッフ全員の対応がとても大事なことだと思います。
実は今回の検査では、前回から少し気になっていた点があったので、どんな診断結果が出て、どんな宣告を受けるのか? 例えて言えば、入学試験を終えて、自己採点をしてみたら合否ギリギリの状況で、少し不安なまま実際の入試結果の合否発表を見に行く受験生の心境でした。
結果が良くても悪くても、いずれであっても診断結果は素直に受け入れようと覚悟して(当たり前ですが)臨みました。
どちらであっても意味があると思っていました。
心臓の診察と検査結果はOKでした。 
良かったです。ホッとしました。気になっていた胸の痛みは心臓に起因するものではないようでした。
一安心です。薬は毎日飲みながらですが、また通常の生活が送れます。
ありがたい ありがたい。感謝、感謝です。
まだ生かされていることに感謝して、足取り軽く病院を後にしました。

病気知らずで 一生健康で暮らせることは、誰にとってもありがたいことだと思いますが、場合によっては大病を患ったことこそが「ありがたい出来事」と思えることがあります。
私の場合もそうでした。突然の心臓病のお蔭で、“いのちの大切さ”、“人と人のよい関係の大切さ”に気づくことが出来ました。
出来事の見方・捉え方が変わりました。仕事観も人生観も変わりました。大病のお蔭で大好きなファシリテーターの仕事にも巡りあえました。素晴らしい人にもたくさん巡りあっています。幸運でした。今は、「大病の経験が私の強みです」と笑顔で伝えています。

世の中で起こる出来事にはみんな意味があると思っています。自分次第です。起きた出来事の捉え方で人生も過去さえも変わります。
是非とも心に留めておきたいことは『病になっても病気になるな!』です。

  感謝  ファシリテーター 間宮隆彦
スポンサーサイト
プロフィール

組織と人の幸せづくり研究所

Author:組織と人の幸せづくり研究所
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。